norishideのブログ

皮肉が散りばめられた真面目な文章を書きたい

STAR WARS THE LAST JEDI

何も評判を調べずに見に行きました。調べてみればわかるように、今作は色々ぶっ壊れています。これはSTAR WARSではなくファンアートだという友人の見解がしっくりきました。

ネタバレ含む本作の名シーン振り返り。

 

レイアさんの宇宙遊泳
酸素がない宇宙空間で爆発は起きる?宇宙空間に飛び出していく戦闘機が配備されている空間の空気と圧力差の問題はどうなっているの?とかSF考証的なものを気にし始めると色んな疑問点が生まれるのがスターウォーズですが、これはSFではなく娯楽大衆冒険活劇ですということにして納得しています。でも生身の人間が宇宙空間に放り出されたら気圧なくなって全身が弾けて死ぬんじゃないの?

 

ルークさんのリモート勤務
満を辞しての登場、かつてのヒーロー、ジェダイマスタールークさん。あんだけビーム喰らってホコリひとつない。どういうこと?あーあんたリモートか!これはやられた!こんな感じで次の作品もちょいっと出てきて助けるのかなーと。でも結局、ジェダイは働き方改革でリモート勤務を導入したはいいけど、過酷な労働を強いられたルークは過労死してしまいます。働きすぎというのは日本に限らず、人々が絶え間なく繋がった現代の社会問題だと思うので、そこを風刺した監督の手腕はさすが。ブラック企業体質であるジェダイはなくなってよかったと思いました。

 

スノークさん殺人事件
カイロレンがただの中二病こじらせクソオタクで全く悪役としての魅力がないということは前作から散々言われてきました。スノークはまあ見た目きもいしシスやベイダー卿の怖さや威厳もないんですが、それでもとことん卑劣で悪い、いい悪役でした。ラスボス感漂ってます。なのにクソマッチョのレンくんにあっさり不意を突かれて殺されてしまいます。「お前の心は読めている」とか嘘だったんですかね。ファーストオーダーのボスはどっちもしょうもない小物、反乱軍は10人くらいになっちゃって、もう次どうするんですか。

 

ワープ特攻
せっかく仲間を輸送船で逃したのに、ポーダメロンというダメ男のせいでまた犠牲が増えていく反乱軍。紫の髪のおばちゃんは、一人囮になった戦艦を操縦して敵の戦艦めがけてワープ!すると、なんということでしょう。艦隊をほぼ全滅させました!ボロい戦艦を敵めがけてワープさせるだけでその何百倍もの大きさの戦艦を撃破できるなんて、どんなビームより強力な武器が見つかりましたね。反乱軍は太平洋戦争の日本軍を見習って特攻隊を組織すべきです。

 

迷シーン多めの本作、ネタ映画として末長く語り継がれるものになって欲しいなと思いました。